育毛剤の成分あれこれ - 元美容師の美髪コラム

女性用育毛剤を徹底比較! 私の使った女性用育毛剤!

育毛剤の成分あれこれ

女性向けの育毛剤の中身ってどんな成分がいいの?

「私の髪、こんなに抜けるけど大丈夫かしら…」美容師だった頃、毎日のようにお客さんの相談を受けていたことを思い出します。

私も出産をして、40歳を過ぎたころから、だんだん抜け毛が気になってきました。
出産やストレス、女性ホルモンのバランス変化などで、髪の悩みが増えてくるとは聞いていたけれど、まさか自分がそんな歳になるとは思いもしませんでした。

元美容師ということもあるので、友達も、私に相談をしてきます。(私も悩んでいるのに……)
そんなときに、話題になるのが、「育毛剤」についてです。たしかに学生の頃、座学で勉強はしたけれど、女性と男性では発毛とか育毛のメカニズムが違うので、有効な成分も異なってくるようなのです。

とくに男性用の育毛剤には、「ミノキシジル」や「ファナステリド」など、女性の使用には向かない成分が含まれている場合もあるため、慎重に選びたいものですよね。

ミノキシジル 血管拡張剤として開発された成分。後に発毛効果があるとされ発毛剤に転用され、日本以外ではRogaine(ロゲイン)Rの商品名で売られている。日本では一般用医薬品として大正製薬からリアップRシリーズが市販されている
ファナステリド 男性型脱毛症(AGA)の治療薬として、プロスカー、プロペシアの商品名で多くの国で発売されている。

私のおすすめ育毛剤は、天然由来の植物エキスなどをたっぷりと配合しているもの。

男性用育毛剤によくみられる刺激の強いものではなく、植物エキスや生薬の力で発毛促進や髪にハリ・コシを与えてくれる女性用育毛剤が、長く使うことを考えても安心でしょう♪

育毛には時間がかかるものだから、実感だけでなく安心して使うことも含めて選びたいものですね。